FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

date :2016年08月

AerMetGドライバーのデザインが決まるまで 5

aermerG shaft

AerMetG シャフト

今回はクラブコントロールにおいて大きな役割を果たすシャフトのデザインです。
ルーツゴルフのシャフトはモデルごとにすべてオリジナル。シャフトメーカー並のこだわりを持って製作されています。
そしてそのデザインもヘッドのデザインに合わせてモデルごとに違っています。

2016年の新製品AerMetGのシャフトはヘッドに効かせた赤にあわせ手元がワイン、ヘッドに近づくにつれて黒になるグラデーション。そこにゴールドとシルバーのGマークがデザインされています。
初回のデザイン会議では上の3点を提出しました。
そこから制作上の問題点をひとつひとつつぶしていき決定したのがこのデザインです。

AerMetG シャフト
ぜひ、実際に手にとってAerMetGのシャフトのポテンシャルとデザインを御体感ください!

ルーツゴルフのクラブはすべて試打が可能です。インターネットからお申し込みいただけますのでぜひ一度お試しください。
詳しくは↓
試打クラブレンタルサービス
スポンサーサイト



テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

AerMetGドライバーのデザインが決まるまで 4

AerMetG face

久しぶりの更新になってしまいました。
8月からはバンバン新しい情報をアップいたしますのでご期待ください!!

前回のホログラムバッジに続いて、今回はRoots Golf AerMetG ドライバーのフェイスデザインが決まるまでの過程をご紹介いたします。
ドライバーのフェイスはフェアウェイウッドとユーティリティーのフェイスデザインにも踏襲されますのでクラブのデザイン上、非常に重要です。
しかも、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティーの3つは同じウッド系とはいえフェイスの厚みが全く違ってきますので同じデザインを踏襲すると言っても必ず面積上アレンジが必要になってきますので、その条件をクリアしたデザインでないといけません。

ファイスに刻まれるスコアラインも単に模様ではなく、ボールのスピンに大きくかかわりますので、見た目だけではなく、ルール上問題がない範囲で機能も追求されます。

そこでまず私が提案させていただいたのは上の4点です。

The Roots Karyouの時はスコアラインとレーザーによる模様を組合せ、往年のパーシモンデザインのようなイメージを狙ったのですが、今回はもう少しアクティブなユーザーを狙った製品ですのでfaceのデザインもそういうシャープさやアクティブさを出したいと思いました。

そしていつものように検討を重ね、ルール上問題がないかなどいろいろな条件も加味し、選ばれたのが・・・・。

ここからは次回にご紹介いたします!

テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

Profile

Tatsuji Koizumi

Author:Tatsuji Koizumi
ルーツゴルフのギアで
素敵なゴルフライフを!
ルーツゴルフのギアを
デザインする小泉が
コーディネートをご提案

ルーツゴルフ製品のご購入

ルーツゴルフ製品のご購入は 安心してお求めいただける ルーツゴルフインターネット 正規販売店KD Golf Storeへ

News

Mounthly

Category

Gallery

Link

Calendar

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Welcome!